Since■April Fools Day 2010
rule1■Post anything.
rule2■Don't blog secretly.

日記とメモと考えたこと.熱い寒いは仕様です.
admin
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

DVD鑑賞

昨日・今日 家族で観た映画メモ

「バイオハザードIV アフターライフ」
…ゾンビ映画じゃないじゃない!
日本が舞台で云々もあんまし意味なかったし…ううむ。
映画館で観たら3Dの出来が結構よかったと誰かが言ってた気がする。気がする。
内容よりアトラクション性(?)がメインだったのかな。
(調べたら今回は1番原作に忠実だったらしい。なるほどー。)

「インセプション」
面白かった!なんか凄かった!レオ様やばす!
個人的に、前情報なくファンタジー設定のアクションものだと思ってみたら重くてびっくり。
ルールがややこしい上に説明も少なくてとにかく疲れたー。
でも構造がしっかりしてるからちゃんと考えれば分かるというか、
「意味のわからない」「もやもやする」系の映画ではなかった。何回も観る程おもしろいのかな。
できれば、[れ把握▲襦璽詛聴1覗を楽しむだ鎖誓の追求チ澗里鯆未靴董
で、5回以上観ると良いのかも?私は時間がなくて1回しか観てないから、
正直分からないことばかりで勿体ない!語れないー!
(調べたら気になってたラストもある程度の答えが出てるらしい。テンションあがった!)

「第9地区」
深夜の情報番組で、B級っぽさ全開な宣伝を見て気になってたら、
しばらくしてすごい真面目なCMが流れてて何だかよくわからなくなってた映画。
いわゆるアメリカ的なエイリアンものの娯楽映画、
を、ドキュメンタリータッチで、あくまで地味に(?)伝えていくというか。
本来ならば見るからに胡散臭いんだけど、人種差別の問題とかと巧く関連づいて
妙なリアリティがでてて面白かったです。
因みに地味なのはドキュメンタリ部分のみ、後半のアクションシーンはやっぱり派手。
エイリアンの武器の威力が反則過ぎる!人間が木端微塵!
それでも不快にならない作りはある意味新鮮というか、娯楽映画として素晴らしいと思う。
私は前半も後半も結構楽しかったけど、家族はぽかんとしてたのでどうなんでしょう。

ソウ ザ・ファイナル3D



ソウ ザ・ファイナル3D  観ましたー!

感想は後で!

SAW6


SAW6  観ましたー。

なんか全部投げっぱなしで終わりましたねー。
続きは後で。

今日この後、もじゃと映画を観に行く約束をしているので、5・6は続けてみました。
頭の中でごっちゃになっちゃる所為かもしれないけど、何か5・6は私の中で似た印象。
刑事物っぽくて観やすかった気がします。
1~4を貸してくれたもじゃはもっぱら2と4がお気に入り。
完全にスプラッタマニアだなー。

SAW5

SAW5  観ましたー。

4でやっぱり限界が来たのか、5はわりかしグロ控えめでしたね。
続きは後で。
SAW4


「SAW4」 観ました!

4はそれはもう、各所で酷評されているのを肝に銘じた上で観たので、
そこまでの残念感はありませんでした。
むしろ血の噴き出し方がいよいよB級スプラッタ感を出していて、潔さすら感じたくらい。
内容に関してはまあなんというか。
「前作を超えなくちゃ」と思った結果、グロさを増したり時系列を分かりにくくしたり、
なんだか良くわからないことになっちゃったんでしょうか。
でもそうやって「衝撃度」を補っていくのは、ここいらが限界なのではないかと思います。
とりあえず、5に期待!

やーしかし、最後の終わり方はちょっとひどい。
「1を思わせるラストでの新生ジグソウ誕生にファンもにやり」
とか思ってるんだったら、ファンもなめられたものだなーと思います。
ていうか誰だお前。

SAW3


観ました!

1は無駄の無さに感動する物、2は無駄を楽しむ物だと思ったけど、
3は2の衝撃が増しつつ1っぽさも戻ってきた感じ?
1は限られた中で何をするかだったけど、
3は選択肢が無限にある中での戦いなのかな。

やっぱり2以降は別物って気もするけど、3まで観ると
似たり寄ったりになるよりはこっちの方が面白いのかなと思えてきました。
ていうか1のテーマは「人は変われるか」みたいな感じだったと思うんだけど、
変われた象徴の彼女があんな結末だと映画の伝えたかったことが何だか分からなくなっちゃう。
てことは、3を作ってる時点で4が来ることはもう決まってたんだろうなと考えてみる。

内容について語ると長いので割愛!
特典は…監督にいらっとした。

SAW2


「SAW2」 観ました!

緻密な伏線や駆け引きなどは減り、映像の衝撃度が増している今作。
これはこれで、パニックホラーとして普通に面白かったと思います。
ただ、「SAW」の続編だと考えるとちょっと違うかなーと思ってしまったり。
全体を通してちょっと雑な印象を受けました。
後半は特に、
罠をみつける→かかる→死ぬっていう、作業的な展開のB級スプラッタみたい。
登場人物が与えられたゲームにどう挑んでいくのかではなく、
最初から「どう殺そうか」と思って作られている感じ。
そう言うのも嫌いじゃないけど…「SAW」に求めているのはそういうことじゃないんだよなー。

1番B級っぽさを出していたのは、キャラクターの薄さでしょうか。
心理描写があまりなく、1のように感情移入出来る部分は少なかったです。
毒ガスで身体的につらい分、前作以上にパニックになるのは分からないでもないんだけど。
行動があまりに突拍子もなかったというか、リアリティも説得力もなかった。
あのテンションの高さ。もし1のルールだったら、
始まった直後に1人くらい足首切って逃げようとするんじゃないかなあ。

密室の中と外をつなぐ、刑事の息子っていう設定も全然生かされてなかった気がします。
みんなにその事実が発覚した時、息子に危機が迫る…
これだけ緊迫した状況で、どんな駆け引きが行われるのか。
今回のメインになる設定なんだから、もっと練りこんで欲しかった。

細かいことを言えば、最初の装置もちょっと微妙。
縛られてるわけでなし、前後に腕をかませたら少なくとも即死は免れた気がします。

最前列とはいかなくても、ジグソウがモニター観てないのはおかしくない?
と思ってたら、あの展開で納得。
伏線もちゃんとあって、面白くないわけじゃないんです。
ただ「SAW」の冠がなければ、もっとずっと楽しく観れた。
でも冠がなかったら、こんなに売れなかったんだろうな。

SAW


観ようと思ったまま結局観てなかったシリーズ第?弾。。。
「SAW」

友達が4まで持ってたので貸してもらっちゃいました。
取りあえず1を観て。
…なにこれ!!!すごい!!!

最初は唐突な設定が気になってじっと観ている感じなんだけど、
情報が出てくるごとにだんだん感情移入していって、気づけばもう夢中でした。
ストーリーもセリフも、とにかくリアルで無駄がない。
その分映像の悪趣味さなどが良いスパイスになっていて、
中だるみすることもなく最後まで引き込まれるというか。
ラストの何十分間の衝撃はそれはもうものすごいのだけど、
それだけに頼るのではなく、序盤の引き込み方とか中盤から終盤への緊張感とか、
全体を通してしっかりした作りになっていました。

欠点は、強いて言うならちょいちょいあった目の回る演出。
アマンダのシーンとか、短時間で緊張感を出すのには重要なのかな。
そんなの欠点にすらならないくらいすごかったけど。
あとは、ラスト、それは無理だろって言いたい気持ちも山々なんですが。
あそこは何と言うか、エンターテイメント性を重視した粋な演出ということで、
議論すること自体野暮なのかなとも思ったりするのでした。

以上、月並みなことしか書けないけど!
とにかく今は、誰かと語りたい!
もじゃに会いたい!

コララインとボタンの魔女


「コララインとボタンの魔女」
観ました!やっと観ました!
なにこれ好き!
全部好き!

コララインの動きや表情が可愛らしくて!
コラライン以外のキャラクターのデザインや動きもとにかく素敵!
すごく凝ってて個性的なんだけど、妙にしっくりくるというか。
もうひとつの世界の色彩とかも圧倒されました。
ストーリーも、単純なんだけど
どの年代の人が観ても感情移入しやすかったんじゃないかと思います。
ラストがまた、ちょっと切なかったりして。
予告編で何となく、ぶわっとした…なんといか、スピード感のある映画なのかと思っていたんですが、
全体的に丁寧に分かりやすく進んでいく作りのようでした。
あと思ったよりも明るくてライトというか。
家族で観るのに最適な映画!

ほんとにもう、細かいところまで作りこまれていて、
映画館の大きい画面で観るべきだったなと大反省しました。
アングルなどなど、3D用に工夫されているようだったのでそれも残念。
お庭とかサーカスとかミュージカルとか、きっと迫力あったんだろうなあ!

カイジ 人生逆転ゲーム

急展開過ぎてちょっと入りずらかったけど、
とにかく天海さんがかっこよかったので無問題です。
SDKの中の人、どの人か分からなかった。
船にいた人?地下にいた人?まさかの幹部?

見た映画は片端から感想かいていこうと思ってたのに、
金曜ロードショーとか日曜洋画劇場とか、なんとなく観ちゃって全然感想が書けません。
ていうかめんどくさい。