Since■April Fools Day 2010
rule1■Post anything.
rule2■Don't blog secretly.

日記とメモと考えたこと.熱い寒いは仕様です.
admin
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 新年会 with母方 | main | お年賀 >>
DVD鑑賞

昨日・今日 家族で観た映画メモ

「バイオハザードIV アフターライフ」
…ゾンビ映画じゃないじゃない!
日本が舞台で云々もあんまし意味なかったし…ううむ。
映画館で観たら3Dの出来が結構よかったと誰かが言ってた気がする。気がする。
内容よりアトラクション性(?)がメインだったのかな。
(調べたら今回は1番原作に忠実だったらしい。なるほどー。)

「インセプション」
面白かった!なんか凄かった!レオ様やばす!
個人的に、前情報なくファンタジー設定のアクションものだと思ってみたら重くてびっくり。
ルールがややこしい上に説明も少なくてとにかく疲れたー。
でも構造がしっかりしてるからちゃんと考えれば分かるというか、
「意味のわからない」「もやもやする」系の映画ではなかった。何回も観る程おもしろいのかな。
できれば、[れ把握▲襦璽詛聴1覗を楽しむだ鎖誓の追求チ澗里鯆未靴董
で、5回以上観ると良いのかも?私は時間がなくて1回しか観てないから、
正直分からないことばかりで勿体ない!語れないー!
(調べたら気になってたラストもある程度の答えが出てるらしい。テンションあがった!)

「第9地区」
深夜の情報番組で、B級っぽさ全開な宣伝を見て気になってたら、
しばらくしてすごい真面目なCMが流れてて何だかよくわからなくなってた映画。
いわゆるアメリカ的なエイリアンものの娯楽映画、
を、ドキュメンタリータッチで、あくまで地味に(?)伝えていくというか。
本来ならば見るからに胡散臭いんだけど、人種差別の問題とかと巧く関連づいて
妙なリアリティがでてて面白かったです。
因みに地味なのはドキュメンタリ部分のみ、後半のアクションシーンはやっぱり派手。
エイリアンの武器の威力が反則過ぎる!人間が木端微塵!
それでも不快にならない作りはある意味新鮮というか、娯楽映画として素晴らしいと思う。
私は前半も後半も結構楽しかったけど、家族はぽかんとしてたのでどうなんでしょう。

スポンサーサイト
COMMENT