Since■April Fools Day 2010
rule1■Post anything.
rule2■Don't blog secretly.

日記とメモと考えたこと.熱い寒いは仕様です.
admin
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クリスマスの集い

学校でクリスマスの礼拝&お楽しみ会(?)でした。
後で書く!

ぱわぽわわん

卒論発表会、からのゼミ呑み打ち上げ!
後でちゃんと書くー。

宣伝が生死を分ける

今日はスギのお誕生日会。
隠れ家風イタリアンレストランでディナー、からのカラオケではっちゃけ。
後でちゃんと書くー!

肉をおかずに肉を食う

卒論の方無事、提出いたしました。やったね!

今日はゼミで集まって、発表会のリハとアドバイス大会。
先生にお弁当おごって頂きました!

なんでも先生の知り合いの方が、お菓子屋さんをしつつお弁当も販売しているんだとか。
おまけで新鮮なお刺身まで頂いてしまいました!全部おいしかった!

で、帰り道にはスギとデニーズでプチお疲れ様会。

それぞれがっつりハンバーグプレートを頼みつつ、唐揚げの黒酢あんを半分こ。
お昼とあわせて完全にカロリーオーバーですた。

儚いもの

クラゲが飼いたくて調べてみたんですが、ちょっと大変みたいですね。
綺麗な水じゃないといけないから餌はいちいちスポイトで渡さないといけなかったり、
その餌も、前日に生きたプランクトンの卵を孵してあげる必要があったり。
基本的に波に漂う生き物なので、水を循環させないと底に沈んでしまうそうです。
放っておくと自分で浮き上がるんだけど、繰り返すうちに弱って死んでしまうとか。
なんて非力なんだ!

小さい時、砂浜に打ち上げられたクラゲを眺めるのが好きでした。
最初はぷくっとみずみずしくて綺麗なのに、時間がたつと徐々に小さくなって、
最後には砂の上に水たまりだけが残る。
最初はそれが信じられなくて、誰かが勝手に動かしてしまったのかと思っていました。
生き物なのに、骨も残らないなんておかしいじゃないですか。

謎が解けたのは中学生のころ、理科の授業で。
体水分量の話の中で、先生が「ちなみにクラゲの体水分量は98%です」
と言った時の衝撃を今でも覚えています。
海水の塩分濃度が3.1~3.8%らしいので、下手すれば海より水に近いということ。
それでちゃんと「生き物」してるだないて、もう意味がわかりません。

そんな意味のわからなさに惹かれて、
結構本気で「生まれ変わったらクラゲになりたい」と思ってるんですが
友人に言うと十中八九「何か悩んでるの?」と聞かれます。
そういえば、中学の頃はよくクラゲっぽいと言われました。
ふらふらしてるところが無脊椎っぽい、らしい。
私結構、骨のある人間なのになー。

それから数年後、高校の生物でクラゲの生態についてならった時、
私にとっての第2次クラゲショック、セカンドクラゲインパクトに遭遇しました。
面倒なのでここでは省きますが、知らない方はぜひクラゲの殖え方を検索。
クラゲってやっぱり意味が分からないなと再確認できると思います。
余談ですが私は無性生殖の工場っぽさというか、機械的な感じが好きです。

そんなクラゲですが、塩とミョウバンで水を抜いて食べることもできるとか。
3日くらい漬け込んで、もとの7~8%くらいの重さになったら脱水完了。
あのサラダとかに入ってるやつですね。
調べてみると、ミズクラゲは一般に体成分のうち水分が95〜96%を占めていて、
それ以外の成分としては、
タンパク質1.7%、炭水化物0.9%、脂質0.0%、灰分2.1%
で構成されているそうです。
正直、そうまでして食べるメリットがないような…。
愛かな。

わたしはクラゲになりたい

そういえばこの前、クラゲのカプセル玩具を発見。
みんな大好きネイチャーテクニカラーより、MONO クラゲ ソフトストラップですって。

ミズクラゲ タコクラゲ オワンクラゲ サカサクラゲ
ビゼンクラゲ カツオノエボシ アカクラゲ シーネットル

くらげっていう選択がツボすぎて、試しに1回がちゃがちゃ。
なんか派手なの来い!と思ったら、シーネットルが当たりました。


おお、思ってたよりなんかグロいぞ。。。
友達が引き当てたカツオノエボシも結構な脳味噌っぷりでした。

ぶよぶよした素材でできているので、
耐久性や汚れ安やすさからストラップとして使うのは厳しそうです。
一回水に入れてみたいけど、触っただけで手がラメになるくらいなので危険かなー。

因みに本物。



シーネットル(sea nettle)
大西洋岸の河口域に生息するクラゲの一種。
ベル状の傘で通常半透明の体に小さな白い斑点と赤褐色の縞模様を持ち、
縞のないシーネットルは白く半透明に見える。
英語で「海のイラクサ」を意味する通り、触手に刺胞を持つ。
その刺胞毒は強いものも弱いものもあり、小さな獲物にはより有効的である。
アレルギー反応が起きない限りは人が刺されても死に至らない。
肉食で通常は動物性プランクトン、クシクラゲ類、他のクラゲ、そして時に甲殻類を食べる。
また稚魚や魚卵、ボウフラ等の虫を食べることもできる。

かあっこいい!

あまり関係ないんですけど、製造元の「株式会社奇譚クラブ」。
奇譚クラブって、別の何かで聞いたことある気が…と思って調べたら、
「家畜人ヤプー」とかが載ってたSM系雑誌の名前でした。
また何故そんな名前を…。

やってみなきゃ分からない

じわ怖まとめからの流れで、なんだかすごく昔のまとめサイトばっかり観ています。
今観てたのはこれ。

飛び降り自殺する人は何で靴を脱ぐの?
@某お笑い小咄板

…何でだろう?
理由とは関係ないですが、個人的にはフリーフォールが昇って行く時に
足元に全員分の靴が並んでいるのがとても気持ち悪いなと思います。

続きを読む >>
やがて伝説へ

*****
ある年上の女と知り合った。
40になったばかりというが20代後半に見えるくらい若々しく
美人で妖艶でいい女だった。
何度か会う内に俺の部屋に来る事になった。
部屋で映画見てたら、彼女が「トイレ借りていい?」と。
トイレに行った彼女が悲鳴をあげたので急いでトイレにかけつけたら、
「用をたそうと思って便座上げたら縁にゴギブリがいたの!」
ゴギブリにこんな悲鳴あげるとは、まだまだ女の子じゃん。
ちょっと可愛いとこもあるんだなぁ〜と思った。
その時は。
*****

じわ怖にはなぜかゲイネタが多いらしい。
そんなわけで、今度歌舞伎町のショーパブに行くことになりました!
12月は割高になってるから、来年になるかも。
なにこれちょう楽しみ!
や、上の話とは全然関係ないんだけどね。

何かのコラムみたいな話の切り替え方になりますが、
じわ怖に多い、と言って他に浮かぶのが、海亀系の話。
コピペには混ぜちゃってるけど、
文中に明らかな矛盾点・疑問点があって追加情報で理由がわかるっていうのは、
正確にはじわ怖ではないのかな。
(考えているうちにじわじわ怖くはなるんだけど、某的にはスレチらしい。)
海亀の話は結構前から知ってたんですが、ネットで観たわけではなく妹経由でした。
妹はクラスメイトに聞いて知ったんだとか。
そのクラスメイトは、部活の先輩に聞いたんだそうです。
だから多分、私が知ってる海亀は色々増えたり減ったりした中途半端なものだと思うんですが、
なんというか、そういう伝わり方っていいですよね。
アナログで継承されていく感じ。
素敵!

いやあ、しっかし卒論が進まない。

節約妖怪エコロ爺

ちょっとじわ怖読み過ぎて、じわ怖が何なのかよくわからなくなってきました。

*****
ウチの爺ちゃんって、その方面ではちょっと名の知れた職人なんだけど、
昔堅気の江戸っ子で気が短いったらありゃしない。
気に入らないお客さんを怒鳴りつけて追い返すなんて良くある話だ。

ある日、商社マン風の男が爺ちゃんを訪ねて来た時の事。
初めて来た客らしかったけど、なんだか変になれなれしい感じだった。
「明後日の件で…」とか言ってたが、爺ちゃん何の事かわからんようで、
結局あーだこーだとケンカになっちゃった。
「てやんでぇべらぼうめ!」だとか「おととい来やがれ!」だとか、
いつもの調子でまくし立てた挙句、やっぱり追い返しちまった。

その時初めて気付いたけど、あの男…何日か前にも来た気がするんだ。
*****

↑これとかすごく好きだけど、じわ怖?それとも星新一?
ちなみに私が持ってくる話はすべて、じわ怖まとめサイトにあったものです。

話は変わるんですけど、一昨日から昨日にかけての話。
最近完全に夜型生活で、朝まで卒論書いてたんです。
明け方4時くらいかな、のどが渇いたから台所に降りて、電気ポットのお湯でお茶を入れて。
で、まだ使うかもしれないから、コンセント挿したまましておいて部屋に戻ったんです。
結局そのあとお湯は使わなかったんで、ちょっと勿体なかったなーと思いながら、
朝7時くらいに台所に行ったらお湯が沸いてない。
コンセントが抜けてるみたいなんですよ。
じわ怖読んだ後だから、これだけのことが妙に怖くなっちゃって、
私は絶対こういうの読まない方がいいタイプだと実感しましたw
母親に聞いたら、父親が寝る前にコンセント抜いたんじゃないかって言ってたんで、
別に怖いこと何にもないんですけどね。
ていうかポットはいつも私が使ってるんだから、勝手なことするなよー。

はい。
じわ怖風に書いてみた、普通に実話です。
何度読み直してみてもおかしな点は見つからないよ!
ていうか良く考えたら、父親が寝るのっていつも0時くらいなんですよね。
4時から7時の間ずっと起きてたけど、誰の足音も聞こえなかったし。。。
…普通に怖いよ!

じわ怖メモ 

次はブラックジョーク的なもの。
こういうのは最後に分かりやすく綺麗なオチがつくから、
厳密にはじわ怖ではない気がするけど。どうなんでしょ。

続きを読む >>